毎日が発見ネット - ワラウ

昼夜の寒暖差で体調を崩しやすい季節。 うさぎの健康状態をチェックする5つの習慣/ふうたの飼い主

2021年5月4日

  • みなさんこんにちは。


    日々うさぎの魅力を発信している「うさぎのふうた」の飼い主です。


    【前の記事】実はうさぎは感情豊か! うれしい時にする意外と知られていない行動とは?/ふうたの飼い主


    まだ5月だというのに、私の住んでいる鹿児島は、日中の気温が25度を超えることも珍しくなくなりました。


    梅雨を通り越して初夏が来た!? という錯覚を覚えたかと思えば、深夜から明け方にかけて、10度以下まで気温が下がることも...。


    15度も寒暖差があれば人間でさえきついのに、体の小さな動物にかかる負担は相当なもの。


    そこで今回は、私が毎日心がけているうさぎの健康状態をチェックする方法をご紹介します。


    001.jpg


    正座した膝の上で伏せてもらい、おなかの張りをチェック!


    獣医さんのように触診だけで内臓の状態を把握できればよいのですが、素人の私にそんな神業はできないので、おなかをやさしくさすって表面の固さを確認します。


    毎日触っていれば、健康な時の固さを感覚で覚えられるので、便秘やガスが溜まり、おなかが少し張っていれば体調が悪化する前に気づいてあげることが出来ます。

    続きを読む