毎日が発見ネット - ワラウ

「嫌われちゃったのか...」幼少、祖父母にベッタリだった「小5の娘」から孫離れできない両親

2020年3月25日

  • <この体験記を書いた人>


    ペンネーム:飴玉
    性別:女
    年齢:45
    プロフィール:ヨーグルトを自宅で作るようになりました! 出来立てのヨーグルト最高です。


    5.jpg


    現在小学五年生の娘がいます。


    幼いころは、びっくりするほど人見知りで内弁慶でした。


    そんな性格だったので、娘は思い切り甘えられる祖父母(私の両親)のことが大好きでした。


    新幹線で二時間ほどの距離で離れて暮らしているので、会えるのは長期休みだけ。


    遊びに行くと、私は眼中から消し飛んで祖父母と遊びまくり、別れ際には必ず大泣きしていました。


    手紙もよく書き、両親のために一生懸命何かを工作してプレゼント。


    スマホを使ってのやりとりなども頻繁にしていました。


    しかし、幼稚園を卒業し低学年を越えてくると、気の合う友達も多くでき、親である私も寂しくなるぐらい友達と遊んだり、習い事を頑張ったり、いろんなことを楽しむようになりました。


    娘のそんな成長ぶりについていけないのが...祖父母です。


    手紙がこないこと。


    帰省日数が短くなったこと。


    一緒にいても遊ばずにテレビばかり見ていること。


    それらが寂しくてたまらないようです。


    例えば先日、冬休みに帰省したときのこと。


    母が「一緒にケーキを作ろう!」と誘いました。


    しかし、娘は私が昔読んで実家に置きっぱなしにしている漫画に夢中でした。


    「私、食べるだけでいいー!」と言い、母はしょんぼり。


    今度は父が、娘が幼いころ大好きだった公園に「散歩しにいかないか?」と誘いましたが、娘の「寒いから嫌だなぁ」で、父はがっくり。


    仕方がないので、私がケーキ作りだったり散歩だったりを「一緒にしようか?」と提案するのですが、二人とも「それなら遠慮する」。


    苦笑いするしかありません。


    私ではなく、どうしても、孫である娘と一緒がいいようです。


    でも、落ち込む両親のフォローも大変なんです。


    「もう小学五年生だから、そうなるよ」と言っていますが、通じません。


    いつまでも、娘が幼いころのままのようです。

    続きを読む