. . . あと1クリックで詐欺被害に!? アラフィフの私が「ハワイ旅行」前に陥りかけたこと/中道あん : 毎日が発見ネット

毎日が発見ネット

.

あと1クリックで詐欺被害に!? アラフィフの私が「ハワイ旅行」前に陥りかけたこと/中道あん

2020年2月10日

  • 20代で結婚して、2男1女を授かり、主婦として暮らしてきた中道あんさん。でも50代になると、夫との別居、女性としての身体の変化、母の介護...と、立て続けに「人生の転機」が訪れます。そんな激動の中で中道さんが見つけた「50代からの人生を前向きに過ごすためのヒント」をご紹介。今回は旅行前にあった驚きの出来事です。


    前回の記事:あなたの家にタオルは何枚ありますか? 50代の私が目指す「ストックを持たない暮らし」


    pixta_40175031_S.jpg


    2月に娘と二人ハワイ旅行に行きます。
    ハワイなどアメリカ旅行の前に必ずやるべきことの1つに電子渡航認証の申請があります。


    俗にいうESTA(エスタ)申請です。


    いつも海外旅行は駅前の旅行会社であれこれ相談して決めるので「おんぶにだっこ」状態です。


    ですが、このESTA申請だけは旅行会社を通すと手数料が確か5000円程度かかるので、いつも自分でしていました。


    内心「英語が読めないから嫌だなぁ」「日本語に翻訳してくれてないかなぁ」と思いながら...。


    前回申請したのは2年前。


    その時も同じように思ったはずですが、でもどうやって申請したかは、すっかり忘れてしまっていました。


    仕方なく、WEB検索で「エスタ 申請」と入力すると、サイトがたくさん出てきました。


    「うーんどれなんだろう?と迷いましたが、上の方から順番に見ていくと、それっぽいサイトがあり...日本語OKではありませんか!


    私はそのサイトが、すっかり「米国国土安全保障省の公式サイトを日本語に変換したサイト」だと思ってしまいました。


    日本語表記のおかげで数々の質問にもサクサク入力することができて5分ほどで終了。


    けれど、最後に費用を決済する段階になってから違和感をおぼえました。


    「おや? なんで日本円? それも8700円とは高いような......」。


    目の前では、決済ボタンが「最後の一押し」されるのを待っています。


    でもなんだかおかしいと思い、そのままにしてググって(googleでの検索をして)みたら、なんと「模倣WEBサイト」が存在することを知ったのです。

    • .
    • .
    続きを読む
.
.
.
.
.